外壁塗装のリフォームは10年を目途に考えよう

住居を守るためにバリアとなる外壁

住み慣れた家の外壁にはどんな工事が施されているのでしょう。そしてその外壁には一体どんな素材が用いられているのでしょうか。外壁に用いる素材を大きく分けると二つあります。モルタル壁かサイディングといった外壁材が一般的によく使われています。トタンやタイル、板張りなども素材を活かした外壁材として使用されることもあるのですが、現在ではあまり見かけなくなりました。外壁の塗装は下地に塗られますが、下地を守るための外壁塗装と考えるとよいでしょう。下地を塗装の皮膜によって守ることが重要なのです。外壁塗装は何年もの間、雨風などの気候に耐え劣化してきます。はがれ、ひび割れもひどい場合は、修理が必要です。

外壁塗装の耐久年数からリフォームする

住居の外壁は必ず定期的なメンテナンスチェックが必要で、外壁塗装の修繕リフォームにはタイミングというものがあります。現在の環境や外壁に施されている塗料によって、外壁の状態は様々、リフォームする時期をしっかり見定めることも大事です。外壁に施されている塗装の種類によっては、耐用年数の違いがあり、その地域の気候条件によっても傷み方も異なるでしょう。通常、モルタル壁なら10年ほどで外壁の塗装を塗り替えるのが理想です。またサイディング外壁材の塗り替え時期も同じく10年と考えるのが一般的です。

塗料を選択したリフォーム

一般住居でも、一目で確認出来る傷みがあります。それは専門用語でクラックと呼ばれるひび割れです。家の外壁をチェックした時にあちこちにクラックがあるなら修復作業が必要でしょう。クラックは雨をため込みやすく、水分が下地までいってしまうと、建築構造の柱や土台まで傷めてしまうことになり兼ねません。フッ素、シリコン、ウレタン、アクリルという種類から塗料を選ぶのが一般的で、フッ素樹脂は最も耐久性が高く耐用年数20年、耐水性も一番高い塗料です。価格も一番高く、外壁塗装の工事費用が高くつくというのが難点ですが、アクリル塗料などの耐久性のない安いリフォームで済ませれば、結果的に数年後に再びリフォーム工事が必要となるでしょう。長い目で考えたリフォームなら最も耐久性があるフッ素系塗料を選びたいものです。

外回りの修繕工事で塗替えを行うなら外壁塗装を千葉で選びましょう。塗料も最新の物を使ってくれるのですぐにできます。