新築以前に考えよう!最高の家をつくるヒント

夢ノートをつくってみよう!

家づくりは何から始めたらいいでしょう?建築業者と話を始める前に、家族で、どんな家がよいかを話し合うことですね。家族の思いを全て出し、記録するというような、夢ノートをつくってみるとよいでしょう。夫が家づくりでやってみたいことを全て書き出し、次に妻が、新築に求めるものや考えていることを全て書き出すということを、交互に繰り返すのです。予算、敷地の形状などで実現できないこともありますよね。そこで、限りある条件の中で、最大限にかなえたい優先項目を家族皆が納得できたら完成です。それを実現してくれそうな工務店を選ぶとよいでしょう。

資金計画のポイントとは?

資金計画のポイントは、できるだけ長く借りる、自己資金を使い切らない、すなわちできるだけ現金を残して家を建てることですね。長く借りて毎月の支払いを少なくすれば、その分家族でレジャーや買い物を楽しめますよ。子供が小さいようであれば、よい思い出をつくる一番いい時期ですよね。そのためにお金を使うのも大切ですよ。余裕ができたら繰り上げ返済をする、リスク回避のための自己資金を貯める、そんな資金計画でいきましょう。人生をどのように暮らし、楽しむかが、これからの家づくりの基本になりますよ。

予算のかけどころとは?

「子供部屋は〇畳、吹き抜けがあって、キッチンは」など、夢が膨らむ楽しさが、家づくりの醍醐味ですよね。でも、誰にでも予算はつきものです。安易に「全部やりますよ」というところではなく、「本当に、この新築に必要なのか?」と一緒に考えてくれる依頼先に出会いたいものですね。また、現場では、「キッチンを少しランクアップさせたい」などの希望が出る場合もありますよね。そんなときには建て主も設計部門も工事部門も一緒になって現場で打ち合わせを行い、キッチンがコストアップする分、どこで抑えるか、など話し合いを行うことになりますね。本当に必要なもの、そうでないものを考え、最期まであきらめない家づくりをしましょう。

草加市で新築一戸建ては、賃貸とちは違って、様々な自由があり、ペットを飼うことができたり、外壁の塗装も好きな色に塗り替えることができます。