賃貸物件に入居する際の初期費用を抑えるコツ

敷金や礼金が0円の物件を探す

賃貸物件に入居する場合は、引っ越し費用などがかかってきますから、できるだけ初期費用を抑えたいところですよね。そこで、少しでも初期費用を抑えたいのであれば、まずは敷金や礼金が0円の物件を探すという方法があります。今は、ネットですぐに調べることができるので、検索してみるとよいでしょう。敷金や礼金に関しては、通常家賃の1か月分が相場となっていますから、この金額が浮くとだいぶ初期費用を抑えることができます。ただし、敷金については、退去時に修理代を請求される可能性がありますから、契約の段階で確認しておくとよいでしょう。

仲介手数料が0円の物件を探す

仲介手数料とは、不動産会社が成功報酬として、賃貸借契約が成立した場合に支払われるものであり、返還されることがありません。仲介手数料に関しては、賃料の1か月分までと法律に定められているので、通常は家賃の1か月分です。最近は、仲介手数料を半額にしていたり、0円にしている不動産が増えてきているので、ネットなどで探すことができます。見分けるポイントとしては、仲介手数料が必要な物件の場合は、媒介と記載されていますから、媒介と書いている物件は仲介手数料がかかってくることになります。

フリーレント物件を探す

最近は、賃料が入居後の一定期間発生しない物件もありますから、そういった物件と契約を結べば、初期費用を大幅に抑えることが可能になります。多くのフリーレント物件では、1か月から3か月分の家賃が無料となっていることが多いです。ただし、家賃はかからなくても管理費などはかかることが多いです。また、入居してすぐに引っ越す場合は、違約金が発生してしまいますから、一度入居したら数年は住むつもりで賃貸契約を結ぶとことが大事になってきます。

賃貸を借りる事で生活を送ると、やはり新生活をスタートする人達も色々と住まいを見つける所など考えて行く必要があります。