ちょっとしたことだけど重要?賃貸物件見学時にはここをチェック!

窓の外には何が見えますか

間取りや家賃、最寄駅も希望通り、写真や図面で見る限り理想的な賃貸物件をみつけたときには嬉しいですよね。しかし実際に見てみないことには分かりませんよ。見学するときに必ずチェックしたいのは窓からの眺望です。窓を開けたら隣の家の窓と目線が同じ、それも近い!ということになれば、洗濯物を干すのも気を使ってしまいそうです。さらに、近所の家がひしめきあっているような物件は窓を開けるのも気になりそう。眺望が開けていないと実際に部屋も狭く見えてしまうものです。

角部屋も見学してみましょう

賃貸物件を探すときに、お勧めなのは角部屋ですよ。なぜ角部屋なのかというと最低2面の壁に窓があることが多いので、日が当たっている時間が長いので住んでいるだけで気分がよくなりますよ。ただ、日差しが強い夏は部屋が暑くなってしまうかもしれませんので、外出時にはカーテンを閉めるなどの工夫をしましょう。また、窓が沢山あることによって風通しがよくなりますので、湿気の多い時期には換気を頻繁にすることによってじめじめした時期も乗り越えられます。

見落としがちな天井の高さ

もし気に入った賃貸物件が数多くあって迷ってしまうようでしたら、天井を見上げてみましょう。あまり気にしている人は多くないかもしれませんが、天井が高い部屋は圧迫感がなく、実際の広さよりも部屋を広く感じさせてくれる効果がありますよ。心理的にも開放的な気持ちにさせてくれますのでお勧めです。電灯が切れてしまったときは取り替えに少々苦労してしまうかもしれませんが、天井が高い部屋に機会があれば一度住んでみましょう。その良さに気づくはずですよ。

帯広市の賃貸マンションは、いろいろな防犯セキュリティが取り付けられていますし、駅も近くにあるので、通勤なども楽になります。