All posts by admin

外壁塗装のリフォームは10年を目途に考えよう

住居を守るためにバリアとなる外壁

住み慣れた家の外壁にはどんな工事が施されているのでしょう。そしてその外壁には一体どんな素材が用いられているのでしょうか。外壁に用いる素材を大きく分けると二つあります。モルタル壁かサイディングといった外壁材が一般的によく使われています。トタンやタイル、板張りなども素材を活かした外壁材として使用されることもあるのですが、現在ではあまり見かけなくなりました。外壁の塗装は下地に塗られますが、下地を守るための外壁塗装と考えるとよいでしょう。下地を塗装の皮膜によって守ることが重要なのです。外壁塗装は何年もの間、雨風などの気候に耐え劣化してきます。はがれ、ひび割れもひどい場合は、修理が必要です。

外壁塗装の耐久年数からリフォームする

住居の外壁は必ず定期的なメンテナンスチェックが必要で、外壁塗装の修繕リフォームにはタイミングというものがあります。現在の環境や外壁に施されている塗料によって、外壁の状態は様々、リフォームする時期をしっかり見定めることも大事です。外壁に施されている塗装の種類によっては、耐用年数の違いがあり、その地域の気候条件によっても傷み方も異なるでしょう。通常、モルタル壁なら10年ほどで外壁の塗装を塗り替えるのが理想です。またサイディング外壁材の塗り替え時期も同じく10年と考えるのが一般的です。

塗料を選択したリフォーム

一般住居でも、一目で確認出来る傷みがあります。それは専門用語でクラックと呼ばれるひび割れです。家の外壁をチェックした時にあちこちにクラックがあるなら修復作業が必要でしょう。クラックは雨をため込みやすく、水分が下地までいってしまうと、建築構造の柱や土台まで傷めてしまうことになり兼ねません。フッ素、シリコン、ウレタン、アクリルという種類から塗料を選ぶのが一般的で、フッ素樹脂は最も耐久性が高く耐用年数20年、耐水性も一番高い塗料です。価格も一番高く、外壁塗装の工事費用が高くつくというのが難点ですが、アクリル塗料などの耐久性のない安いリフォームで済ませれば、結果的に数年後に再びリフォーム工事が必要となるでしょう。長い目で考えたリフォームなら最も耐久性があるフッ素系塗料を選びたいものです。

外回りの修繕工事で塗替えを行うなら外壁塗装を千葉で選びましょう。塗料も最新の物を使ってくれるのですぐにできます。

外装塗装リフォームを業者に依頼する際の基礎知識

大手業者に依頼する場合

外壁塗装にはやはり耐久年数というものがありますので、新たな外装塗装へのリフォームが必要になります。その際に大手業者に依頼するメリットとして、やはり大手だからこそ保障がしっかりしている点があるでしょう。外装塗装は自分達がすむ家のですのでしっかりした作業をお願いしたいのですが、やはり何らかのトラブルがあった際は大手はしっかりサポートしてくれます。ただし大手業者の場合、リフォームの話をする営業の方と、実際に作業を行う職人の方は別になるためしっかりとした打ち合わせがポイントとなります。

地元業者に依頼する場合

外装塗装のリフォームを依頼する業者のなかに、地元の業者への依頼する場合もありますね。その際は、やはり地元業者のメリットといえば地元ならでわの強みがある点です。住んでいる地域の特性や季節や環境に合わせた塗装が実現可能な点でしょう。寒い地域であれば耐寒性の優れた、暑い地方であれば断熱性の優れた塗装などが行えます。また大手よりも価格が安いのも特徴ですね。ただし、地元業者の場合はやはり保障内容が少なかったり期間が短いといったこともありますので、しっかりとした業者に依頼することが大切になります。

どの業者に依頼していいかわからない時

外装塗装を業者へと依頼する場合、大手企業や地元企業などさまざまありますので悩んでしまう事も多いでしょう。どの業者に依頼すればよいのかわからないという時は、見積もりをとって比較するのが一番よいですよ。複数の業者に同じ依頼内容で見積もりをとることで、費用はもちろんですが保障やトラブル対応について比較することができます。見積もりを依頼する場合であれば、大手業者2社と地元業者2から3社ほどから見積もりをとり比較することで、自宅の外装塗装の相場などが把握でき比較しやすいですよ。

アパート塗装は塗料によって様々な施工方法がありますからアパート塗装なら千葉の業者に足場から施工まで任せましょう。

注文住宅を建てたいという人のためのお金のコツ

賢く選ぶ!注文住宅のローン活用術

新築の住宅を建てる時、なにはなくとも建築資金を調達する必要がありますよね。不動産の購入費用は大きな額になるため、ローンで分割払いにすることが多いです。しかし、ローンの支払いでは利息も負担になるため、賢くローンサービスを選ぶことが大切です。注文住宅ローンを利用する場合には、金利をどのように選ぶかがポイントです。固定金利や変動金利などの種類があり、金利の選び方次第で将来の支払い負担が大きく変わるのです。

費用圧縮に効果的!ローコスト住宅で節約

住宅を購入するとなると、お金がかかってしまうのは仕方ありません。それでもできるだけ節約できることに越したことはありません。注文住宅は、建て方次第で建築費用を節約することが十分に可能です。ローコスト住宅が、建築費用の圧縮に貢献してくれるでしょう。ローコストの注文住宅では、無駄な施工部分をできるだけ省くことにより、建築費用を抑えるというものです。注文住宅の質を下げずに、費用は下げることが十分に可能です。

お金の負担を大幅軽減!賃貸併用の注文住宅

あらゆる手を使って注文住宅の建築費用を節約しようとしても、どうしても限界はあるものです。それでもどうにかして注文住宅を手に入れたいという人には、賃貸併用住宅の方法が向いているかもしれません。賃貸併用住宅は、住宅の中に賃貸物件用の部屋を設けるというものです。物件を貸し出すことで、賃貸物件からは賃料収入が入ってきます。得られた賃料を上手く活用すれば、注文住宅の購入コストの負担軽減に大きな効果がありますね。

注文住宅ならおすすめできる理由は、設計の段階から希望を取り入れてもらえるからです。そのために、納得できる住宅が完成します。