時期によってこんなに違うの!?いつ部屋探しをする?

部屋探しにも繁忙期がある

就職や入学に際して、部屋探しをするという人が多いですよね。そういう人は、たいていは1月から3月くらいの時期にかけて部屋探しをするはずです。したがって、この時期は部屋探しの繁忙期とされる時期であり、不動産屋も非常に混雑します。一般的には予約を入れてから不動産屋に出向くものですが、土日や祝日だったりするとその予約を取ることすら一苦労なことさえあります。なので、もし新生活に備えて部屋探しをするなら、できるだけ早く準備をするということが肝心なのかもしれません。

不動産屋の閑散期に部屋探しをする

もし特段の事情もなく、とりあえず引越したいから部屋探しをするというのであれば、あえて不動産屋の閑散期を狙ってみるというのもひとつの手かもしれません。たとえば、梅雨の時期などに引越しをする人は少なく、だいたい6月から7月くらいにかけては不動産屋の閑散期だと言われています。この時期に部屋探しをすることによって、焦ることなく落ち着いて目星の物件を探し当てることができるかもしれません。引越し業者も空いているので簡単に予約が取れます。

9月あたりも混雑している

不動産業界の繁忙期はだいたい年末の12月末あたりから始まると言われています。そして年が明けて本格的な繁忙期に入り、年度明けの4月までその繁忙期が後を引くことも珍しくありません。その後は少し落ちつき、前述のように梅雨時は閑散期に入ります。しかし夏場から9月くらいにかけては、またちょっとした繁忙期がやってきます。9月も夏休み明けで新生活を始める人が意外と多く、また企業の決算の時期のあとなので、移動などで部屋探しをする人が多いのです。

森の賃貸マンションは、多くある賃貸マンションの中でも、最も防犯セキュリティが優れていて、安全に暮らすことができます。

賃貸物件に入居する際の初期費用を抑えるコツ

敷金や礼金が0円の物件を探す

賃貸物件に入居する場合は、引っ越し費用などがかかってきますから、できるだけ初期費用を抑えたいところですよね。そこで、少しでも初期費用を抑えたいのであれば、まずは敷金や礼金が0円の物件を探すという方法があります。今は、ネットですぐに調べることができるので、検索してみるとよいでしょう。敷金や礼金に関しては、通常家賃の1か月分が相場となっていますから、この金額が浮くとだいぶ初期費用を抑えることができます。ただし、敷金については、退去時に修理代を請求される可能性がありますから、契約の段階で確認しておくとよいでしょう。

仲介手数料が0円の物件を探す

仲介手数料とは、不動産会社が成功報酬として、賃貸借契約が成立した場合に支払われるものであり、返還されることがありません。仲介手数料に関しては、賃料の1か月分までと法律に定められているので、通常は家賃の1か月分です。最近は、仲介手数料を半額にしていたり、0円にしている不動産が増えてきているので、ネットなどで探すことができます。見分けるポイントとしては、仲介手数料が必要な物件の場合は、媒介と記載されていますから、媒介と書いている物件は仲介手数料がかかってくることになります。

フリーレント物件を探す

最近は、賃料が入居後の一定期間発生しない物件もありますから、そういった物件と契約を結べば、初期費用を大幅に抑えることが可能になります。多くのフリーレント物件では、1か月から3か月分の家賃が無料となっていることが多いです。ただし、家賃はかからなくても管理費などはかかることが多いです。また、入居してすぐに引っ越す場合は、違約金が発生してしまいますから、一度入居したら数年は住むつもりで賃貸契約を結ぶとことが大事になってきます。

賃貸を借りる事で生活を送ると、やはり新生活をスタートする人達も色々と住まいを見つける所など考えて行く必要があります。

新築以前に考えよう!最高の家をつくるヒント

夢ノートをつくってみよう!

家づくりは何から始めたらいいでしょう?建築業者と話を始める前に、家族で、どんな家がよいかを話し合うことですね。家族の思いを全て出し、記録するというような、夢ノートをつくってみるとよいでしょう。夫が家づくりでやってみたいことを全て書き出し、次に妻が、新築に求めるものや考えていることを全て書き出すということを、交互に繰り返すのです。予算、敷地の形状などで実現できないこともありますよね。そこで、限りある条件の中で、最大限にかなえたい優先項目を家族皆が納得できたら完成です。それを実現してくれそうな工務店を選ぶとよいでしょう。

資金計画のポイントとは?

資金計画のポイントは、できるだけ長く借りる、自己資金を使い切らない、すなわちできるだけ現金を残して家を建てることですね。長く借りて毎月の支払いを少なくすれば、その分家族でレジャーや買い物を楽しめますよ。子供が小さいようであれば、よい思い出をつくる一番いい時期ですよね。そのためにお金を使うのも大切ですよ。余裕ができたら繰り上げ返済をする、リスク回避のための自己資金を貯める、そんな資金計画でいきましょう。人生をどのように暮らし、楽しむかが、これからの家づくりの基本になりますよ。

予算のかけどころとは?

「子供部屋は〇畳、吹き抜けがあって、キッチンは」など、夢が膨らむ楽しさが、家づくりの醍醐味ですよね。でも、誰にでも予算はつきものです。安易に「全部やりますよ」というところではなく、「本当に、この新築に必要なのか?」と一緒に考えてくれる依頼先に出会いたいものですね。また、現場では、「キッチンを少しランクアップさせたい」などの希望が出る場合もありますよね。そんなときには建て主も設計部門も工事部門も一緒になって現場で打ち合わせを行い、キッチンがコストアップする分、どこで抑えるか、など話し合いを行うことになりますね。本当に必要なもの、そうでないものを考え、最期まであきらめない家づくりをしましょう。

草加市で新築一戸建ては、賃貸とちは違って、様々な自由があり、ペットを飼うことができたり、外壁の塗装も好きな色に塗り替えることができます。